ジョモリー 原理 仕組み

ジョモリーでムダ毛ケアができる原理と仕組みについての口コミ情報です。
MENU

ジョモリーでムダ毛ケアができる原理と仕組み

脱毛

 

ボディソープをジョモリーに変えるだけ!

 

ムダ毛ケアの方法はいくつかありますが、肌に負担をかけずに、手軽に自宅で使いたい人に選ばれているのがジョモリーです。

 

ジョモリーは固形石鹸で、ボディソープの代わりに体を洗うだけでムダ毛ケアができます。

 

では、ジョモリーでムダ毛ケアができる原理と仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

 

まず、最初に毛が生える原理と仕組みについて説明します。

 

毛の根元には毛乳頭という部分があります。
毛乳頭にある毛母細胞は、毛細血管から栄養を取り込み、細胞分裂を繰り返すことで毛を伸ばします。

 

毛はこのような原理と仕組みを持つため、毛を剃ったり、毛を抜いても、毛乳頭がある限りは毛の成長がストップすることはありません。

 

ちなみに、医療レーザーでは、強いレーザーを照射することで毛乳頭を破壊します。

 

ですので、永久脱毛が可能です。ですが、毛乳頭を破壊するにはかなり強いレーザーを照射しなければいけないため、
強い痛みが伴います。敏感肌やアトピー肌の人の中には赤く炎症してしまう場合もあります。

 

ジョモリーは、永久脱毛はできませんが、肌への刺激は少ないため、安全かつ手軽な方法でムダ毛ケアができます。

 

 

気になる配合成分とは?

 

その仕組みと原理に関係しているのが、配合されている成分です。

 

ジョモリーにはパパイア果実エキス・パイナップル酵素であるブロメライン・ラレアディバリカタエキス・イソフラボンというムダ毛ケアに効果をもたらす成分が配合されています。

 

パパイア果実エキスとブロメラインは、たんぱく質を分解する働きを持つ成分です。
毛のうち95%はケラチンというたんぱく質からできているので、たんぱく質を分解すれば、毛が細くなり、抜けやすくなります。

 

つまり、パパイア果実エキスとブロメラインはムダ毛に直接働きかけることで、ムダ毛を目立たなくさせます。

 

そして、植物由来成分であるラレアディバリカタエキスは、毛母細胞の働きを抑制することで、毛が作られないよう働きかけます。
そのため、ムダ毛は生えるスピードが遅くなります。

 

また、大豆由来の成分であるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つ成分です。
エストロゲンには毛母細胞が栄養を取り込まないように働きかけ、毛乳頭の働きを抑える作用があります。

 

これによってムダ毛が生えにくい環境を作ります。
また、エストロゲンには健康な肌に導く働きもあるので、イソフラボンには美肌効果も期待できます。

 

 

使い続けることでムダ毛処理が楽に!!

 

このように、ジョモリーは今あるムダ毛とこれからできるムダ毛の両方にアプローチするため、使い続けることでムダ毛処理が楽になります。

 

ただし、使うのをやめると効果はなくなるので、ムダ毛が目立たない素肌を維持したい人は毎日使い続けることが大切です。

 

ジョモリーには、継続したムダ毛ケアのためにお得な定期コースを用意しています。
通常価格4,590円(税込)のところ、1個なら3,213円(税込)で提供しています。

 

さらに、お得に購入したい人には、3個セット8,127円(税込)、6個セット15,498円(税込)の定期コースもあります。

 

このページの先頭へ